ホンダ ビートを買う! ビートトップページへ

ビートのメンテナンス、パーツ、燃費、車検、中古車、リフレッシュ情報など

 ホンダビートのオーディオ、スピーカー交換

 

 

自分が購入したビートには、スカイサウンド(120W)、スカイサウンド8SP、サブウーハー、CDチェンジャーが付いていました。

新車時のオプション価格はスカイサウンド120Wが85,000円、40Wでも70,000円。8スピーカーが33,000円、ウーハーが25,000円、CDチェンジャーが65,300円とメチャ高でびっくりしました(笑)

 

しかし今となってはテープも聞かないし、CDも最近は買いません。もっぱらipodです。最初はテープからUSBのコードが出てる物を買おうかと思っていましたが、何だかイマイチでずっとラジオばかり聴いていました。

 

しかし!2011年11月にビート誕生20周年記念のアクセサリーが発売されました。その中にスカイサウンドコンポとスカイサウンドスピーカーも!速攻でディーラーにコンポとスピーカー、フューエルリッド、エンブレム、フロアマットを頼みましたが、コンポとスピーカー、フューエルリッド以外は限定数で一杯になり購入不可に・・・

 

と思ったところ、2回目の募集があり、それに申し込めば確実に手に入るとの事。他のエンブレムとフロアマットも入手できました。

 

物自体は2012年2月?頃には全て手に入りましたが、取り付けはそれから1年以上経った2013年5月になってしまいました^^;

自分で取り付けようと思って伸び伸びになってしまいました。

 

まずはドアスピーカーを家に余っていたS2000の純正オプションのスピーカーへ交換。

 

 

左がビート純正のスピーカー。予想通り端子部分が錆びていました。右はS2000に付けていたスピーカー。

 

 

 

交換後。このスピーカーも8年前の物ですが、前々きれいです。音も良い!

 

 

次にスカイサウンドスピーカー。

こちらはスピーカーを外すのに一苦労。運転席側の右側のねじが中々緩められません。アクセスが悪すぎ・・・

 

何とか外して新旧比較。

 

 

上が新型、下が旧型。微妙にデザインも変わってます。

 

 

上が新型、下が旧型。新型はカプラになってます。

 

そして新型を取り付けスピーカーはひとまず終了。

 

次にスカイサウンドコンポです。

 

新旧比較。

 

 

左が新型、右が旧スカイサウンドコンポ120W。旧デザインを引き継いで当然ながらカセット挿入口はありません。

 

 

後ろから見た図。新型は小さくコンパクトに収まっています。カセットテープが無い分もありますが、20年の進化が伺えますね。

 

取り付けは素人ながら説明書を見ながら無事に出来ました。

 

 

コンソールボックスにUSB端子が埋め込まれます。ついでにETCもボックスに配線の穴を開けて中に収めました。

 

 

 

 

そして無事取り付け完了!

 

ipodも聞けるし、音も良くなってます。純正デザインで当たり前ですが違和感無く収まって、非常に満足です(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤフオクでビートのパーツを探す

 

 

>> ビートのパーツ、リフレッシュのメニューページへ戻る

 

 

PR

 

【ホンダ ビートを買う!メニュー】

 

ビートのカタログ

 

ビート購入記

 

ビートの燃費

 

ビートの中古車

 

ビートの保険料

 

ビートの故障

 

ビートの車検

 

ビートのパーツ

 

ビートのメンテナンス履歴

 

↑ このページのトップへ


一つ前へ戻る


トップページへ

 

Copyright c2013 ホンダ ビートを買う! All Rights Reserved